病院紹介

秩父市立病院

外観
所在地埼玉県秩父市桜木町8-9
電 話0494-23-0611
診療科目外科,内科,整形外科,麻酔科,脳神経外科,小児科,泌尿器科,循環器内科
病床数165床(一般病床)
習得できる
専門医
日本外科学会、日本整形外科学会、日本泌尿器科学会、日本透析医学会、日本小児神経学会、日本麻酔科学会、日本循環器学会
ホームページ秩父市立病院のホームページはこちら
研修プログラム研修プログラムはこちらからご覧ください
院長

勅使河原 正敏 院長からのご挨拶

これまで「安心・安全・満足を地域住民の皆様に」を合言葉に、地域住民の皆さんとともに歩み、愛され、信頼される病院を目指し、地域の医療機関との連携、高度医療の実現、救急医療の充実に努めながら、地域の中核病院としての責務を果たせるように努力してまいりました。しかし、まだまだ医師・看護師不足の問題をはじめ早急に取り組まなければならない問題が山積みです。そのような厳しい中、秩父地域では、ちちぶ医療協議会の協力を得ながら「秩父地域で医師を育てる」というコンセプトで、病院がそれぞれの特性を生かしながら取り組み、研修医の受け入れも開始しております。今後は指導体制を確立して医師不足解決のひとつとなれば幸いです。どうか、これからも医師としてまた病院長として信頼してもらえるように、日々切磋琢磨していく所存です。どうか、引き続きご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

指導医

指導医 臨床研修管理室長 加藤 寿氏からのご挨拶

2019年4月より臨床研修管理室長に就任いたしました加藤寿と申します。「秩父地域で医師を育てる」ことをモットーに、初期研修医の地域医療研修、日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医専門医プログラム、総合診療専門医プログラムの管理運営に携わっていく所存です。当院では、秩父医療圏の中核病院としての救急医療の実践による地域住民の命の砦としての役割があります。ただ、当院の役割は急性期医療だけではなく、急性期治療が終わった後のリハビリ・退院支援、大学病院をはじめとした高度医療や一般診療所・クリニックとの橋渡し役、がん患者や高齢者に対する緩和ケア・終末期医療など、多様な役割を果たす必要があります。私の専門は家庭医療・総合診療なので、そのような医療現場において、医師がどのような役割を果たすべきなのか、自らが自問自答しながら診療を実践するとともに、初期研修医、後期研修医の学びを提供できるような役割を担って行きたいと思います。秩父地域のような比較的小さな自治体における地域医療の実践現場での教育は、今後ますます多様化、高齢化が進む日本において、とても重要であることは間違いありません。秩父地域の医療が一体となって医学教育に携わるとともに、それを軸として医療自体の連携が深まることを目指していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Google Maps