便り

地域医療研修の報告(秩父病院) 2011年11月

研修期間

2011年10月1日-10月31日
勤務:月・火・水・金・土5日間。そのうち水は救急当直。

研修内容
  • 手 術

    月~土 午後ほぼ毎日有りました。消化器・一般:月・火・水・金・土(25件)、形成:木(14件)、整形:水・金(6件)で、すべての手術に参加可能です。ヘルニアは執刀させてもらいました。麻酔は全麻・硬麻・脊麻を教えて頂きました。

  • 内 視 鏡

    上部検査は月~土の午前に行われ、1日約7件でした。はじめは見学からでしたが、1ヶ月で挿入から観察、抜きまで一通り教えてもらえました。

  • 上部以外

    月~金 午後、下部・EST・胆管ステントなどを経験しました。

  • 病棟実習

    内科疾患から外科疾患まで幅広く経験しました。内科疾患では急性膵炎、肺炎などを担当し、外科疾患では炎症性疾患や腫瘍性疾患の術前から術後管理までを経験しました。

  • 外来診療

    初診などの通常外来、検診を行い、小手術では創縫合を行いました。また逖ュ疽(ひょうそう)、鶏眼(けいがん)という疾患があることも知りました。大学では経験できない地域医療の実習でした。

  • 救急外来

    救急車対応、救急車に同乗した転院搬送、ドクターヘリ転院搬送を経験できました。

  • 地域医療

    税務署検診、インフルエンザワクチン接種を指導いただきました。

研修を終えて

医師会の会合にも参加させていただき、諸先輩から地域医療の連携を含めた様々な話を聞くことができました。